特許・実用新案

2020.10.06

特許出願において審査結果を受け取る時期の希望は可能かどうか

審査結果を受け取る時期を希望することはできない

特許出願手続に際して、審査結果を受け取る時期を希望する制度はありません。しかしながら、以下において説明する特許審査着手見通し時期照会や、特許審査着手状況の問い合わせを使用することにより、審査結果を受け取る時期を知ることは可能です。また、早期に審査結果を受け取ることを希望する場合には、早期審査制度により早期に審査結果を受け取ることが可能です。

 

審査結果を受け取る時期を知る①:特許審査着手見通し時期照会

特許審査着手見通し時期照会は、すでに出願公開されている審査未着手出願の着手見通し時期を、特許庁ホームページを通じて知ることのできる制度です。特許審査の着手見通し時期は、半期ごとに公開されているため、おおまかな特許審査時期を容易に知ることができます。ただし、公開されている着手見通し時期は、特許審査の着手時期を保証しているものではなく、審査着手のタイミングが前後することもあるため、あくまでも着手時期の目安に過ぎない点に注意してください。

 

審査結果を受け取る時期を知る②:特許審査着手状況の問い合わせ

既に審査請求をしている特許出願について、審査着手時期を具体的に知りたい場合には、「審査状況伺書」を作成し、特許庁に提出することで、着手予定時期を知ることができます。この問い合わせは、特許出願人または代理人、出願審査請求人、情報提供者等のみが可能です。

 

早期に審査結果を受け取りたい

通常の方法で出願審査請求を行うと、出願審査請求をしてから最初の審査結果の送達までに、平均で約9か月かかります。一方で、早期審査制度を用いることで、出願審査請求から最初の審査結果の送達までの期間を短縮(平均で3か月以内)することができます。

早期審査制度の対象となる特許出願は、既に実施(販売等)している、もしくは2年以内に実施予定の発明に係る出願、中小企業・個人・大学等による出願、外国にも関連特許出願をしている出願、又はグリーン発明(省エネに関する発明)について特許を受けようとする特許出願等です。早期審査制度を申請できるのは、出願人またはその代理人です。

 

まとめ

審査結果を受け取る時期を希望することはできませんが、審査結果を受け取る時期を知ることや、早期審査制度により早期に審査結果を受け取ることは可能です。時期に希望がある場合は、なるべく希望に沿う用にご提案をいたしますので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.10.06

  • icon_fb2
  • icon_tw2
  • icon_hb
  • icon_gp

関連記事

人気記事