意匠

2017.09.26

意匠権登録までの流れや期間

意匠登録の流れ

意匠登録とは、物品・建築物・画像の、形状や模様・色彩などによって美感を起こし、かつ工業上利用できるものを保護することをいいます。

意匠登録の流れは、必要書類などを揃えて特許庁に出願を行い、特許庁での方式審査・実体審査を経て、登録査定を受けて、登録料を納付するというものです。

方式審査とは、出願書類の不備などをチェックする審査であり、不備が発覚すれば補正指令が下されます。
実体審査では、意匠の新規性や創作非容易性等の登録要件を審査し、要件を満たしていないと判断される場合には拒絶理由が通知されます。

拒絶理由に対しては、補正書や意見書を提出し、反論することができます。

仮に、反論しても拒絶理由が解消しなかった場合には、拒絶査定となります。その場合には、拒絶査定不服審判を請求することで、登録要件を満たすことを主張することが可能です。

方式審査・実体審査の各審査に通過すれば、晴れて登録査定となります。登録料を納付すると設定登録が為され、意匠権が発生します。

意匠登録にかかる期間は?

意匠登録出願から、審査結果の最初の通知(拒絶理由通知又は登録査定)までの平均期間は6.2か月、意匠登録出願から権利化までの平均期間は7.0か月です(2018年度)。

緊急性を要する場合や、外国へも出願している場合など、一定の要件を満たす場合には、早期審査制度の利用が可能です。

早期審査の申請から審査結果の最初の通知までの平均期間は1.7か月です(2019年)。

(特許庁ステータスレポート2020(https://www.jpo.go.jp/resources/report/statusreport/2020/document/index/0201.pdf)より)

意匠登録の際には、意匠登録に精通している弁理士が所属している特許事務所に依頼をするのがベストです。

特許事務所のホームページなどをみると、基本業務として意匠登録も掲げている事務所がほとんどですが、特に意匠登録に対する知識やノウハウが高い事務所に巡り会えるよう、弁理士の実績などを確認すると良いでしょう。

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.09.26

  • icon_fb2
  • icon_tw2
  • icon_hb
  • icon_gp

関連記事

人気記事