商標

2017.08.04

申請前に必ず商標調査をしよう

商標登録前には必ず『商標調査』を!

自社が登録したいと考えている商標がすでに第三者によって登録されていれば、

当然、特許庁の審査によって拒絶されてしまうので、登録の有無を調査する必要があります。

また、自社が使用する商標について第三者から権利侵害を訴えられるリスクを回避する必要もあります。

無事に商標登録ができるのか?自社が使用する商標が第三者の権利を侵害しないか?を

事前に調査するのが『商標調査』なのです。

 

自分でできる商標調査と、プロに任せる商標調査

商標登録の大前提は「すでに第三者が登録していないこと」ですから、

まずは登録の有無を調査しましょう。

 

商標登録の有無は、インターネット環境さえ整っていればカンタンに調査が可能です。

インターネットで『特許情報プラットフォーム』にアクセスし、登録したい商標を検索すれば、

登録したい区分に同じ名称の商標が存在するかを簡単に調査できます。

 

同じ名称がなければ登録が可能だというわけではありませんが、

ここでヒットしなければ第一関門は突破したと言えるでしょう。

ただし、特許庁の原簿登載と特許情報プラットフォームの反映には

多少タイムラグが存在することに留意しておきましょう。

 

また、登録したい商標が絵柄や図形などである場合は、文字商標とは別の検索手段を用いることになるため、

簡単な検索では対応できません。

さらに、権利侵害のリスクも含めた調査となると専門的な調査が必要になるでしょう。

こうなると、商標登録に詳しい専門家の力を借りるほか方法がありません。

商標登録のプロである弁理士に依頼すれば、

多岐にわたる特許庁の審査項目も踏まえた商標調査をおこなうことができます。

商標調査は、まずは自社でインターネットで検索してみることも考えられますが、

さらに高度な類似性の調査やロゴ商標の調査、権利侵害リスクなども含めた調査まで視野に入れるのであれば

専門家である弁理士にお願いするのがベストでしょう。

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.08.04

  • icon_fb2
  • icon_tw2
  • icon_hb
  • icon_gp

関連記事

人気記事